ドメイン
QLOOKアクセス解析 ティラミス YURU's Hand Made Diary
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2010/05/14.Fri

ティラミス

ティラミスを作りました♪


DSC00972-1.jpg


昨日は前回お話したスポンジ作りの実演(?)の日でした~^^

ほんとはね、スポンジが焼き上がるのを待ってる間を
ティータイムにして、そこでこのティラミスをお出しするつもり
だったんですけども・・・お茶が出たのはスポンジが
とっくに焼き上がってからだったという手際の悪さ

しかも盛り付け、きちゃなっ
おまけに一緒にお出ししたシフォン、固っ


それでも美味しいと言って食べてくださった
Wさん、Hさん、Tさん・・有り難うございました[壁]ωT)


■材料(パイレックス パウンド型18cm×8cm 1台分)

・スポンジ

 薄力粉・・・55g
 卵・・・120g←殻付きで67g(L寸相当)のもの2こでこのくらいになりますよ
 砂糖・・・60g
 牛乳・・・10g
 無塩バター・・・15g

・シロップ

 お湯・・・70g
 インスタントコーヒー・・・5g
 砂糖・・・8g
 コーヒーリキュール・・・5g

・生地

 マスカルポーネチーズ・・・200g
 クリームチーズ・・・kiriキューブタイプのもの3こ(18g×3=54g)
 卵黄・・・2個←L寸相当の卵
 砂糖・・・15g
 
 生クリーム・・・130g
 砂糖・・・15g

 卵白・・・1個分
 砂糖・・・30g

 無糖ココア・・・適量


■準備

 ・15cm×15cmのスクエア型でスポンジを焼き、7mm程度の厚みにスライス
  したものを4枚作る。
  *スポンジの作り方はこちらの手順1~5を参照にしてくださいね。
 ・シロップの材料を混ぜ合わせておく。
 ・マスカルポーネチーズとクリームチーズを室温に戻しておく。


■作り方

 1、 ボウルにクリームチーズを入れて泡だて器で柔らかくなるまで練り、
    マスカルポーネチーズを加えて滑らかになるまで練る。
    *マスカルポーネとクリームチーズを一緒に入れてしまうと
     クリームチーズのつぶつぶが残ってしまう時がありますので
     できればクリームチーズから先に練りましょう。

 2、 お砂糖と卵黄を加え、よく混ぜる。

 3、 生クリームにお砂糖を加えて、角がへにょっとなる程度にホイップする。

 4、 卵白にお砂糖を数回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作る。

 5、 2、のボウルに3、のクリームを加え、泡だて器でぐるぐると混ぜる。

 6、 5、のボウルに4、のメレンゲを加え、ゴムべらに持ち替えて
    メレンゲの筋が見えなくなるまで丁寧に混ぜる。

 7、 パウンド型の底にスポンジを敷き、作っておいたシロップを刷毛で
    たっぷりとうち、6の生地を型の半分くらいまで詰める。
    *スポンジは隙間なく敷いてあげてくださいね。
     (つぎはぎになっても大丈夫です)

 8、 スポンジを被せてシロップをたっぷりとうち、型の縁すれすれまで
    生地を詰め、ラップをぴったりと貼りつけて冷蔵庫で1晩冷やす。
    *余った生地はココット皿等に入れて、お味見用にしてくださいね^^

 9、 茶漉しでココアをたっぷりと振りかけて出来上がり♪
    *ココアはできればいただく直前にかけましょう。




こんな風にティラミスを大きな器で作ったのは
初めて(普段は1人分ずつココット皿)だったのですが・・・・

こんなに取り分け辛いものだっただなんて
思ってもみませんでした(*T-T)


私の妄想内では、美味しく焼けたシフォン(実際はパンみたいな  
シフォンでしたT-T)を乗せたお皿にこのティラミスを
皆さんの目の前でサーブするはずだったのに・・・

ブログ用にと先に器に入れさせてもらって
そのあまりの難しさに断念(_ _ ;)


・・・ってか、ゴムべらで取り分けようとした
私がいけなかったのかしら(*´Дヾ)



ちっとも美味しそうに見えない画像でごめんなさいね[壁]ωT)


DSC00975-1.jpg


おっきな器でティラミスを作った時、
皆さんはどうやって美しく取り分けてるんだろう・・( ┰_┰)






ランキングに参加しています♪
よかったら応援してやってください(*´∀`*)ゞ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 






今日もご閲覧、ありがとうございました(*´∇`*)

web拍手
冷菓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。