ドメイン
QLOOKアクセス解析 いちごショート YURU's Hand Made Diary
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2010/05/01.Sat

いちごショート

少し前に作ったものですが、今日はうちのショートケーキを
ご紹介させていただきます♪


DSC00940-1-1.jpg



ショートケーキを作りたかったというよりは
スポンジを焼きたかっただけだったんですけどねw


前年度幼稚園の役を一緒にさせていただいた方が
私がスポンジを焼くところを見学させて欲しいと
先日メールを下さってね。
いいですよ~♪と、快くお引き受けしたものの・・・

人様がじーっと見ている前でのお菓子を作りなんて
今まで一度も経験のない私だし
おまけにしばらくスポンジを焼いてないしで
ちゃんと焼けるのかどうか携帯を閉じた後
酷く不安になりまして

見学のお申し出をいただいたその晩に、
いてもたってもいられなくなって
せっせとスポンジを焼いたという・・

どんだけ小心者なんだ!?って感じですよね[壁]"-*)



*以前ご紹介していたスポンジの材料をより少なくして
 作りやすく改良してみました♪


■材料(18cm丸型1台分)

・スポンジ

 薄力粉・・・80g
 卵・・・180g←殻付き67g(L寸相当)くらいのもの3個でこのくらいになりますよ
 砂糖・・・80g
 牛乳・・・15g
 無塩バター・・・20g

・シロップ

 ぬるま湯・・・50cc
 砂糖・・・25g
 ラム酒・・・3g

・ナッぺ用クリーム

 生クリーム・・・250g
 砂糖・・・20g 

・デコ用クリーム

 生クリーム・・・60g
 砂糖・・・3g

 苺・・・適量
 ホワイトチョコ・・・適量


■準備

 ・中に挟む用の苺を厚さ3mm程度にスライスし、苺の重量の5%程度の粉砂糖と
  少量のキルシュ(ともに分量外)で和えておく。
 ・薄力粉をふるっておく。
 ・深型のフライパン等にお湯を沸かしておく。
 ・型にオーブンペーパー(今回私は更紙を使用)をセットしておく。
 ・オーブンを170度に温めておく。


■作り方

 1、 ボウルに卵とお砂糖を入れ、ハンドミキサーの低速でお砂糖が全体に行き渡る程度に
    混ぜたら、用意しておいたお湯にボウルを浮かべ、高速でしっかりと泡立てる。
    *卵液がひと肌程度に温まったら湯煎から外してあげてくださね。
     私はバターと牛乳を金属製の計量カップに入れて、その後のお湯に
     浮かべて溶かしています。

 2、 羽から流れ落ちた生地でのの字が書ける程度まで泡立ったら
    ハンドミキサーを一番遅いスピードで2~3分回し、卵のキメを整える。

 3、 手順 4にふるっておいた粉をもう一度ふるいながら、4~5回に分けて加え、
    その都度ゴムべらで練らないように気をつけながら混ぜる。

 4、 粉を全部入れ終えたら、溶かしておいたバターと牛乳を加え、
    底から大きく返すようにして混ぜ、生地に滑らかさと艶がでて、
    ゴムべらからたら~っと生地が流れ落ちる程度になるまでしっかりと混ぜる。

    *画像で見るとこんな感じです。
     左は手順3、粉を全部入れ終えた直後、右は手順4、完成した生地の画像です。 

    DSC07826-1.jpg  DSC07828-1.jpg
    *画像はシンプルスポンジの時のものを使いまわしています^^;

 5、 用意しておいた型に流し入れ、型を台の上でとんとんと打ちつけて大きな気泡を抜く。
    *ボウルの内側についていた生地は、火の通りが早い、型の側面の傍に
     入れてあげてくださいね。

 6、 170度に温めておいたオーブンで30分程度焼き、焼き縮みを防ぐため、
    オーブンからだしたらすぐにタオル等を敷いた台の上に15cmくらいの高さから
    型ごと落として中の熱い空気を抜く。
    *温度と時間は目安です。お手持ちのオーブンのくせに合わせて調節し、
     必要であれば竹串を真ん中に刺して、チェックしてみてくださいね。

 7、 熱い空気を抜いたらすぐに型から出し、ラップを敷いた台の上に
    さかさまにして置き、粗熱が取れたら、元通り焼き色がついた面を上にして
    完全に冷ます。
    *使った型を被せて冷ますと、よりしっとりしますよ♪

 8、 シロップの材料を全て混ぜ合わせ、スポンジの上下の焼き色のついた面を薄く削ぎ落し
    3枚にスライスする。

 9、 ナッぺ用の生クリームにお砂糖を加えて、角がへにょっとなる程度にホイップする。
    
    *片手で一眼を構えてのセルフ撮りなので、あんまりいい例には写ってませんが
     こんな感じです(^^;)

     DSC00896-1.jpg

 10、スポンジ1枚を回転台の上に置き、上部に刷毛でシロップを打ち、
    スパチュラ等で生クリームを塗り広げて苺を並べ、苺が隠れる程度にクリームを塗り広げる。
    *マリネしておいた苺はキッチンペーパーの上に並べてシロップをよくきってから
     お使いくださいね。

     DSC00894-1.jpg

 11、もう一枚のスポンジにシロップを打ち、シロップが含んだ面を下にして
    10、のクリームの上に被せる。

 12、工程10と同様にしてクリーム→苺→クリームの順に乗せ、最後の一枚のスポンジを
    工程11と同様にして被せ、上から軽く押さえて馴染ませてから上部にシロップをうつ。
    *あんまり強く押さえると、クリームが横からぶにっと出てきちゃうので
     ご注意くださいね^^;

 13、泡だて器に軽くひとすくい程度のクリームを組み立て終わったスポンジの上に落とし、
    スパチュラ等でスポンジの上部・側面に薄く塗り広げる。
    *スポンジ屑が上に浮いてこないようにするための、お化粧でいうところの
     下地作りです。
     
     DSC00898-1.jpg

 14、残りのクリームを全量スポンジの上に落とし、上部に少し厚めにクリームが残るように   
    塗り広げ、残りは側面に流れるように落とし、回転台を回しながら同じ厚みになるように
    綺麗に塗り広げ、上部にはみ出たクリームは側面角から中心に向けてなでつけるようにして
    おさめる。
    *側面から上部にはみ出たクリームは、スパチュラの面をスポンジ上部と
     平行になるようにして構え、力を加えずすぅ~っと一息で中央に向かって塗り広げて
     綺麗にしてあげましょう♪
     その作業中、スパチュラはこまめに綺麗に拭ってあげてくださいね。
    *上部が少々きちゃなくなってても、この後の工程で粗隠し(笑)をするので
     大丈夫ですよ(*´艸`*)
    
    DSC00900-1.jpg → DSC00911-1.jpg

 15、ナッぺが終わったら、スポンジの下にスパチュラを差し込み、回転台を回して
    下を綺麗にお掃除する。

    DSC00911-1.jpg → DSC00912-1.jpg

 16、スポンジの下にパレットナイフ等を差し込んでそこに手を差し入れ、底を手とパレットナイフで
    支えて持ち上げ、お皿等に移す。
    *デコが終わってから移動すると、上のクリームがよれてしまったりする時があるので
     私はいつもナッぺが終わった時点で移動しています^^;

 17、板チョコをスライサーで適量削り、スポンジ上部に振りかける。
    *この後でクリームを絞るので、縁の方まで降り広げる必要はないですよ^^

    DSC00917-1.jpg → DSC00918-1.jpg

 18、デコ用の生クリームにお砂糖を加えて、ぴんと角が立つまでホイップし、
    お好みの口金をセットした絞り出し袋に詰め、周囲にデコをほどこして出来上がり♪




フィルムを貼る前に撮影すればよかった~(*´Дヾ)

フィルムが付いてた面のクリームがきちゃなくなっててごめんなさいね(_ _ ;)


DSC00944-3.jpg



Hさ~ん♪
GW明け、いつにしましょうかね~?(*^ー^*)





ランキングに参加しています♪
よかったら応援してやってください(*´∀`*)ゞ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ 






今日もご閲覧、ありがとうございました(*´∇`*)

web拍手
スポンジ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。