ドメイン
QLOOKアクセス解析 マカロン YURU's Hand Made Diary
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
スポンサー広告
2009/02/13.Fri

バレンタインマカロン

今年のバレンタインはマカロンに決めましたヾ(*´∀`*)ノ゛


DSC03853-1.jpg


ハートのワンポイントが可愛くできたと思いません?( *^艸^*)

おまけで作ったマーブルは気がゆるんだのか
温度設定を間違えて、ちょっと(いや、かなり)色づいてしまいました^^;


ちなみに、試作の時はピンクで作りました。

DSC03710-1.jpg


が、やっぱりバレンタインなので、ココア系を採用することに♪


DSC03852-1.jpg



皆さんはバレンタインに何を贈るか、もう決めましたか~?(*^ー^*)



■材料(直径3cm強のもの36組くらい)

 ・白

 卵白・・・35g←私は冷凍保存していたものを使用
 砂糖・・・15g←細目のグラニュー糖がいいです

 アーモンドプードル・・・35g
 粉砂糖・・・50g←コーンスターチ不使用のものがいいです

 バニラオイル・・・数滴

 ・ココア

 卵白・・・35g
 砂糖・・・15g

 アーモンドプードル・・・28g
 無糖ココア・・・7g
 ブラックココア・・・2g
 粉砂糖・・・50g

 バニラオイル・・・数滴

 ・ミルキーバタークリーム

 無塩バター・・・60g
 粉砂糖・・・10g
 スキムミルク・・・4g

 

■準備

 ・各冷凍卵白を室温に出し、半解凍くらいにしておく。
 ・各粉砂糖とアーモンドプードルを別々に振るい、
  合わせてから再度振るいにかけ、それぞれ冷蔵庫で冷やしておく。
 ・1cm丸型の口金を搾り出し袋にセットしたものを2つ用意しておく。
 ・天板にオーブンペーパーをセットしておく。
 

■作り方

 ① 半解凍の卵白をハンドミキサーの羽(未運転)で叩いて砕き、
   バニラビーンズの種を加え、砂糖を数回に分けて加えながら、固く泡立てる。
   *羽が重たく感じるくらいまでしっかりとしたメレンゲを作ること。
   
 ② アーモンドプードルと粉砂糖を合わせた物を2~3回に分けて①に加え、
   ゴムベラで粉気がなくなるまでさっくりと混ぜる。

 ③ ゴムベラの面を使って、ボウルの縁にこすり付けるようにして混ぜ、
   生地に艶が出て、ゴムベラからたら~っと途切れなく落ちる程度にメレンゲの泡を潰す。
   *作業が足りないと、ひび割れの原因となり、また
    し過ぎると膨らまない原因となります^^;

 ④ 用意しておいた搾り出し袋に③を入れる。
   *マーブルも作る場合は1/4量程度ずつボウルに残して、ラップをかけておく。

   *①~④の工程は、白い生地のメレンゲを立てる⇒続いてココアの生地のメレンゲを立てる
    ⇒白い生地用のメレンゲに粉類を混ぜる⇒ココアの生地用のメレンゲに粉類を混ぜる
    という感じで、時間差で作りすすめてくださいね。

 ⑤ オーブンペーパーをセットした天板に各色直径2cm程度に搾る。
   *自然と広がって3cm程度になるはずです。
   *ハートのワンポイント用に少し残して置いてくださいね。

 ⑥ 直径4~5mmの細い口金を⑤の口金の上から被せ、搾り出した生地の上に
   ちょんちょんちょんと落としていく。
   *ある程度生地が広がってからの方がいいので、広がりきっていない場合は
    天板の底を叩いて広げてくださいね。 

 ⑦ 爪楊枝の先で⑥で丸く落とした生地を2分するように線を描き、ハートを作る。
   *なるべく手早くしてくださいね。時間がかかりすぎると表面が乾いてきて
    爪楊枝の通った跡が残ってしまいます。←試作の時に失敗しました^^;

   *マーブルを作る場合は、白い生地の上に数箇所に分けてココア生地を置き、
    その状態でゴムベラで生地をすくい、搾り出し袋に詰めて搾り出すといいですよ♪
    私はトップにカカオニブを乗せています。

 ⑧ 表面に浮いて出てきた気泡を爪楊枝で丁寧に潰し、指で触ってくっつかなくなるまで
   そのまま乾燥させる。
   *指で優しく左右になでなでできる程度までしっかり乾燥させましょう。

 ⑥ 天板を二枚重ねて、200度に温めたオーブンの中段に入れ、
   ピエが出始めたら一度オーブンの扉を開けて熱気を逃がし、
   扉を閉め、設定温度を140度にして8~10分焼く。

 ⑦ オーブンペーパーをつけたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

 ⑧ 室温に戻したバターに粉砂糖とスキムミルクを加え、ふんわりとするまですり混ぜ
   細い星型の口金をセットした搾り出し袋に詰める。

 ⑨ オーブンペーパーから剥がした⑧2枚で挟んで出来上がり♪

   
出来上がりをすぐにいただくよりも、1~2日経って生地とクリームが馴染んだ頃が
一番美味しいです^^

密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、いただく際は、室温にしばらく置いてから
お召し上がりください♪





大切な人へ、想いが伝わりますように・・


DSC03722-1.jpg



ランキングに参加しています♪
応援代わりにぽちぽちぽちっと3つ、クリックしていただけたら嬉しいです(*´∀`*)
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます(*´∇`*) 



web拍手
スポンサーサイト
マカロン
2009/01/15.Thu

ストロベリーマカロンver.2(全工程写真付きレシピ)

前回のストロベリーマカロンは、ストロベリーチョコのガナッシュを
挟んだものでしたが、今回はコックにフリーズドライの苺をくわえてみました♪


DSC02162-1.jpg


ほんのり苺味のマカロンにちょっぴりミルキーなバタークリームを
サンドしています(*^ー^*)

苺の赤い粒々が可愛くて、またひとつ
お気に入りのマカロンが増えました( *^艸^*)


             *


今回のレシピは全工程画像つきです

深夜のキッチンでのセルフ撮りなので、画質(特に色が^^;)はあまりよくないんですけども
生地の状態などが分かってもらえたら、これからマカロンに挑戦しようと
思ってらっしゃる方のお役に立つんじゃないかと思って・・(*´∀`*)

ただ・・・これまでも何度か書いて来ましたが、私は素人です。
本格的にお菓子作りを習ってきた方が見たら「へ?」と思うような
ことをしているかもしれません・・・

なので、これがお手本だとは思わずに、
由瑠のマカロンはいつもこんな風にして作られてるんだな、って感じで
参考程度に見てやってくださいね(*^ー^*)ゞ


■材料(直径3cm強のもの18組くらい)

 卵白・・・35g←私は冷凍保存していたものを使用
 砂糖・・・15g←細目のグラニュー糖がいいです

 アーモンドプードル・・・30g
 フリーズドライの苺・・・5g←すり鉢ですりつぶしたものを使用
 粉砂糖・・・50g←コーンスターチ不使用のものがいいです


 ・ミルキーバタークリーム

 無塩バター・・・30g
 粉砂糖・・・5g
 スキムミルク・・・2g


■準備

 ・冷凍卵白を室温に出し、半解凍くらいにしておく。
 ・粉砂糖を目の細かいふるいで、アーモンドプードルと苺を目の荒いふるいで、
  別々に振るい、合わせてから目の荒いふるいで再度振るいにかけ、
  冷蔵庫で冷やしておく。
 ・1cm丸型の口金を搾り出し袋にセットしておく。
  私はこんな感じに広口のガラスコップの中に入れて待機させてます。
 ・天板にオーブンペーパーをセットしておく。  


■作り方

DSC02092-1.jpg ① 半解凍の卵白をハンドミキサーの羽(未運転)で
   叩いて砕き、砂糖を数回に分けて加えながら、固く泡立てる。
   *羽が重たく感じるくらいまでしっかりとしたメレンゲを作ること。
   *画像は出来上がったメレンゲです。


DSC02098-1.jpg ② アーモンドプードルと粉砂糖、フリーズドライ苺を
   合わせた物を半量加えて、サックリと混ぜる。
   *画像のようにまだ粉っぽいところが残っている状態です。


DSC02101-1.jpg ③ 残りの粉類を加え、ゴムベラで粉っぽさが
   見えなくなるまでサックリと混ぜる。
   *まだぼそぼそとしている状態です。


DSC02103-1.jpg ④ ゴムベラの面を使って、ボウルの縁にこすり付けるようにし
   混ぜ、生地に艶が出て、ゴムベラからたら~っと途切れなく
   落ちる程度にメレンゲの泡を潰す。
   *作業が足りないと、ひび割れの原因となり、また
    し過ぎると膨らまない原因となります^^;
                   *画像はマカロナージュが終了した生地です。
                    平坦なマカロンがお好みならば、あともう少しマカロナージュを
                    した方がいいです。


DSC02106-1.jpg ⑤ 用意しておいた搾り出し袋に
   ゴムベラを使って④を全量入れます。

 
DSC02108-1.jpg ⑥ オーブンペーパーをセットした天板に直径2cm程度に搾る。
   *画像は搾り出した直後です。


DSC02111-1.jpg *搾り出しから1分強後の状態です。
   ほんの少し搾り出したときに出た角が残っていたので
   天板の底を叩いておさめました。


DSC02116-1.jpg ⑦ 表面に浮いて出てきた気泡を爪楊枝で丁寧に潰し、
   指で触ってくっつかなくなるまでそのまま、もしくは
   扇風機の風を当てて乾燥させる。
   *指で優しく左右になでなでできる程度までしっかり
     乾燥させましょう。
                  *画像は乾燥が終了した生地です。
                  *画像では分かりにくいですが、乾燥前よりも表面が
                   ややマットになっています。


DSC02127-1.jpg ⑧ 天板を二枚重ねて、200度に温めたオーブンの中段に
   入れ、ピエが出始めたら一度オーブンの扉を
   開けて熱気を逃がし、設定温度を140度にして8~10分焼く。
   *画像は焼きあがった直後です。
   *途中、表面に焼き色が付きそうならば、コピー用紙等を
                   マカロンの上に被せるなどの工夫をしてみてくださいね。

 
 ⑨ オーブンペーパーをつけたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

 ⑩ 室温に戻したバターに粉砂糖とスキムミルクを加え、ふんわりとするまですり混ぜ
   細い星型の口金をセットした搾り出し袋に詰める。

 ⑨ オーブンペーパーから剥がした⑧2枚で挟んで出来上がり♪

    出来上がりをすぐにいただくよりも、1~2日経って生地とクリームが馴染んだ頃が
    一番美味しいです^^

    密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、いただく際は、室温にしばらく置いてから
    お召し上がりください♪




大体の感じは掴んでいただけたでしょうか・・?


DSC02163-1.jpg


この記事が、これからマカロンに挑戦してみようと思っている方や
マカロン作りで躓いてしまった方のお役に、少しでも立てたなら嬉しいなぁ・・(*´∇`*)


DSC02167-1.jpg


ランキングに参加しています♪
応援代わりにぽちぽちぽちっと3つ、クリックしていただけたら嬉しいです(*´∀`*)
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます(*´∇`*) 

web拍手
マカロン
2009/01/06.Tue

きなこのマカロン

きなこのマカロンを作りました♪


DSC01707-1.jpg


私の大好きなマカロンのひとつです(*^ー^*)

今回クリームは餡バターにしてみました♪


■材料(直径3cm強のもの18組くらい)

 卵白・・・35g←私は冷凍保存していたものを使用
 砂糖・・・15g←細目のグラニュー糖がいいです

 アーモンドプードル・・・20g
 きなこ・・・15g
 粉砂糖・・・50g←コーンスターチ不使用のものがいいです

 無塩バター・・・30g
 漉し餡・・・25g


■準備

 ・冷凍卵白を室温に出し、半解凍くらいにしておく。
 ・粉砂糖ときなこ合わせたもの、アーモンドプードルを別々に振るい、
  合わせてから再度振るいにかけ、冷蔵庫で冷やしておく。
 ・1cm丸型の口金を搾り出し袋にセットしておく。
 ・天板にオーブンペーパーをセットしておく。
 

■作り方

 ① 半解凍の卵白をハンドミキサーの羽(未運転)で叩いて砕き、
   バニラビーンズの種を加え、砂糖を数回に分けて加えながら、固く泡立てる。
   *羽が重たく感じるくらいまでしっかりとしたメレンゲを作ること。

 ② アーモンドプードルと粉砂糖、きなこを合わせた物を2~3回に分けて①に加え、
   ゴムベラで粉気がなくなるまでさっくりと混ぜる。

 ③ ゴムベラの面を使って、ボウルの縁にこすり付けるようにして混ぜ、
   生地に艶が出て、ゴムベラからたら~っと途切れなく落ちる程度にメレンゲの泡を潰す。
   *作業が足りないと、ひび割れの原因となり、また
    し過ぎると膨らまない原因となります^^;

 ④ 搾り出し袋に③を入れ、オーブンペーパーをセットした天板に
   直径2cm程度に搾る。(自然と広がって3cm程度になるはず)

 ⑤ 表面に浮いて出てきた気泡を爪楊枝で丁寧に潰し、指で触ってくっつかなくなるまで
   そのまま乾燥させる。
   *指で優しく左右になでなでできる程度までしっかり乾燥させましょう。

 ⑥ 天板を二枚重ねて、200度に温めたオーブンの中段に入れ、
   ピエが出始めたら一度オーブンの扉を開けて熱気を逃がし、
   扉を閉め、設定温度を140度にして8~10分焼く。

 ⑦ オーブンペーパーをつけたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

 ⑧ 室温に戻したバターに漉し餡を混ぜ、ふんわりとするまですり混ぜ
   細い星型の口金をセットした搾り出し袋に詰める。

 ⑨ オーブンペーパーから剥がした⑧2枚で挟んで出来上がり♪

   
出来上がりをすぐにいただくよりも、1~2日経って生地とクリームが馴染んだ頃が
一番美味しいです^^

密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、いただく際は、室温にしばらく置いてから
お召し上がりください♪


これはマカロンが苦手な人も食べやすいお味なんじゃないかしら?
もっちりした食感がきなこ餅っぽい感じなの( *^艸^*)


DSC01740-1.jpg


ランキングに参加しています♪
応援代わりにぽちぽちぽちっと3つ、クリックしてやってください~(*´∀`*)
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




いつもご覧いただき、ありがとうございます(*^ー^*)


web拍手
マカロン
2008/12/08.Mon

バニラのマカロン

バニラのマカロンを作りました♪



DSC00765-1.jpg


マカロンと言うとカラフルなイメージがありますが、
白いマカロンも可愛いと思いません?( *^艸^*)

今回はアールグレイフレーバーのバタークリームを挟んでみました(*^ー^*)


■材料(直径3cm強のもの18組くらい)

 卵白・・・35g←私は冷凍保存していたものを使用
 砂糖・・・15g←細目のグラニュー糖がいいです

 アーモンドプードル・・・35g
 粉砂糖・・・50g←コーンスターチ不使用のものがいいです
 バニラビーンズ・・・6cmほど

 無塩バター・・・30g
 粉砂糖・・・5g
 紅茶パウダー(アールグレイ)・・・1g


■準備

 ・冷凍卵白を室温に出し、半解凍くらいにしておく。
 ・粉砂糖とアーモンドプードルを別々に振るい、
  合わせてから再度振るいにかけ、冷蔵庫で冷やしておく。
 ・1cm丸型の口金を搾り出し袋にセットしておく。
 ・天板にオーブンペーパーをセットしておく。
 

■作り方

 ① 半解凍の卵白をハンドミキサーの羽(未運転)で叩いて砕き、
   バニラビーンズの種を加え、砂糖を数回に分けて加えながら、固く泡立てる。
   羽が重たく感じるくらいまでしっかりとしたメレンゲを作ること。

 ② アーモンドプードルと粉砂糖を合わせた物を2~3回に分けて①に加え、
   ゴムベラで粉気がなくなるまでさっくりと混ぜる。

 ③ ゴムベラの面を使って、ボウルの縁にこすり付けるようにして混ぜ、
   ゴムベラからたら~っと途切れなく落ちる程度にメレンゲの泡を潰す。
   作業が足りないと、ひび割れの原因となり、また、し過ぎると膨らまない原因となります^^;

 ④ 搾り出し袋に③を入れ、オーブンペーパーをセットした天板に
   直径2cm程度に搾る。(自然と広がって3cm程度になるはず)

 ⑤ 表面に浮いて出てきた気泡を爪楊枝で丁寧に潰し、指で触ってくっつかなくなるまで
   そのまま乾燥させる。
   *指で優しく左右になでなでできる程度までしっかり乾燥させましょう。

 ⑥ 天板を二枚重ねて、200度に温めたオーブンの中段に入れ、
   ピエが出始めたら一度オーブンの扉を開けて熱気を逃がし、
   扉を閉め、設定温度を140度にして8~10分焼く。
   *途中、焼き色が付きそうならば、マカロンの上に紙(コピー用紙等)を
    乗せてあげてください♪

 ⑦ オーブンペーパーをつけたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

 ⑧ 室温に戻したバターに粉砂糖を加え、ふんわりとするまですり混ぜる。

 ⑨ ⑧に紅茶パウダーを加えてよく混ぜ、オーブンペーパーから剥がした⑧2枚で
   挟んで出来上がり♪

   
出来上がりをすぐにいただくよりも、1~2日経って生地とクリームが馴染んだ頃が
一番美味しいです^^

密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、いただく際は、室温にしばらく置いてから
お召し上がりください♪


DSC00781-1.jpg


ランキングに参加しています♪
応援代わりにぽちぽちぽちっと3つ、クリックしてやってください~(*´∀`*)
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




いつもご覧いただき、ありがとうございます(*^ー^*)


web拍手
マカロン
2008/10/30.Thu

抹茶のマカロン

抹茶のマカロンを焼きました♪


PICT3191.jpg


「マカロン 膨らまない」「マカロン ひび割れ」
というようなキーワードでうちにたどり着くお客様が
結構いらっしゃるんですよね。

だから今回は、私の経験からくる考察を
レシピに移る前に書かせてくださいね♪

ただ・・
私は趣味でやってるだけのまったくの素人なので、
申し訳ないのですが「これで絶対大丈夫!」とは言い切れません・・・

なので、参考程度にお読みくださいね^^;


まずは膨らまない原因から。
一番に考えられるのは「マカロナージュのしすぎ」かと思われます。

私のレシピには「ゴムベラからたら~っと途切れなく落ちる程度」
と書いていますが、「たら~っと途切れなく落ちる」状態にも
かなり幅がありますものね。

文字で説明するのは難しいのですが、「たらたら」と
ゴムベラからすべり落ちるようじゃゆるすぎます。
落とした生地の跡がリボン状に残り、
ゆっくりと広がって消えていくくらいの固さがベスト。

生地に艶が出てきたら、マカロナージュをするたびに
生地の状態をチェックしてみてください。


次に「ひび割れの原因」ですが・・・
これは私もほんと悩まされまされました^^;
焼いている内に小さな亀裂が出てきて
あっという間にメロンのようになっちゃうんですよね(*´Дヾ)

何度も何度も失敗を繰り返して分かったことですが、
私の場合は「乾燥不足」が原因だったように思いました。

「指で触ってくっつかなくなるまで」と書かれている
レシピが多いかと思いますが(そういう私もですが^^;)
恐る恐る触ってみて、
「なんだかぺとっとした感触はするけども、でもくっつかないわ♪」
じゃまだ早いと思います。

生地の上にそーっとゆびを置いて、左右になでなで(優しくですよ^^;)って
できるくらいまで我慢してみてください。
(ちなみに私は扇風機で風をあててます)

本当はそこまで乾燥させてはいけないのかもしれませんが、
私はそれでひび割れなくなりましたよ(*^ー^*)v


長くなりましたが・・・
数あるブログからここを選んできてくださった方々の
成功への足がかりとなれば嬉しいです(*´∇`*)



さて、今回のマカロンですが・・・
表面の気泡がちょっと気になりますね[壁]ω-;)

・・・・見た目はおいといてw

甘さ控えめ餡バターとお抹茶の渋みと合っていて
とっても美味しかったですよ(*^ー^*)



■材料(直径3cm強のもの18組くらい)

 卵白・・・35g←私は冷凍保存していたものを使用
 砂糖・・・15g←細目のグラニュー糖がいいです

 アーモンドプードル・・・31g
 お抹茶・・・4g
 粉砂糖・・・50g←コーンスターチ不使用のものがいいです
 
 無塩バター・・・30g
 こしあん・・・20g


■準備

 ・冷凍卵白を室温に出し、半解凍くらいにしておく。
 ・粉砂糖とお抹茶をあわせたもの、アーモンドプードルを別々に振るい、
  合わせてから再度振るいにかけ、冷蔵庫で冷やしておく。
 ・1cm丸型の口金を搾り出し袋にセットしておく。
 ・天板にオーブンペーパーをセットしておく。
 

■作り方

 ① 半解凍の卵白をハンドミキサーの羽(未運転)で叩いて砕き、
   砂糖を数回に分けて加えながら、固く泡立てる。
   羽が重たく感じるくらいまでしっかりとしたメレンゲを作ること。

 ② アーモンドプードルと粉砂糖とお抹茶を合わせた物を2~3回に分けて②に加え、
   ゴムベラで粉気がなくなるまでさっくりと混ぜる。

 ③ ゴムベラの面を使って、ボウルの縁にこすり付けるようにして混ぜ、
   ゴムベラからたら~っと途切れなく落ちる程度にメレンゲの泡を潰す。
   作業が足りないと、ひび割れの原因となり、また、し過ぎると膨らまない原因となります^^;

 ④ 搾り出し袋に③を入れ、オーブンペーパーをセットした天板に
   直径2cm程度に搾る。(自然と広がって3cm程度になるはず)

 ⑤ 表面に浮いて出てきた気泡を爪楊枝で丁寧に潰し、指で触ってくっつかなくなるまで
   そのまま乾燥させる。30分~1時間程度。

 ⑥ 天板を二枚重ねて、200度に温めたオーブンの中段に入れ、
   ピエが出始めたら一度オーブンの扉を開けて熱気を逃がし、
   扉を閉め、設定温度を140度にして8~10分焼く。

 ⑦ オーブンペーパーをつけたまま、ケーキクーラーの上で冷ます。

 ⑧ 室温に戻したバターをふんわりとするまですり混ぜ、こしあんを加えてさらに混ぜる。

 ⑨ オーブンペーパーから剥がした⑦2枚で⑧のクリームを挟んで出来上がり♪

   
出来上がりをすぐにいただくよりも、1~2日経って生地とクリームが馴染んだ頃が
一番美味しいです^^

密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、いただく際は、室温にしばらく置いてから
お召し上がりください♪


PICT3163.jpg

ランキングに参加しています♪
ぽちっと応援してもらえたら、嬉しいです(*´∀`*)
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



web拍手
マカロン
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。